HOME > イベントレポート > イベントレポート検索

イベントレポート


検索結果

 < 1 2 3 ...32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 >

サイエンスアゴラ2009

サイエンスを楽しみながら語り合う機会をすべての人に提供するアゴラ(広場)として開催。4回目の開催となる今回は期間を3日から4日に拡大し,サイエンスにちなんだ上映会やサイエンスショー,トークショー,実験教室,ブース展示など,100以上の企画を3つのメイン会場で展開。

2009年10月31日 ~ 2009年11月03日


ブルーライトアップ in お台場 ~広げよう、糖尿病予防の輪~

国連が定めた11月14日の「世界糖尿病デー」にちなみ開催された,糖尿病抑制のための啓発イベント。「糖尿病ミニ講座」のほか「ウォーキング」や糖尿病診断における重要な指標となる「ヘモグロビン・エー・ワン・シー(HbAlc) 無料測定」などの参加型イベントを実施。イベントの最後にはお台場のシンボル「パレットタウン大観覧車」がブルーにライトアップされ,お台場から糖尿病予防と治療の重要性のメッセージを発信した。

 

2009年11月14日


久世光彦展 時を呼ぶ声

森光子扮する風呂屋のおかみさんを中心に,笑いと涙とアクションを練り広げる1970年代の国民的人気テレビ番組『時間ですよ』をはじめとする時代を先取りするドラマ,古きよき昭和を舞台にした向田邦子作品の映像化などで知られる演出家。久世光彦。さまざまな番組を制作する傍ら。小説家,エッセイストとしても秀逸な作品を次々に発表し続けた。本展は映像と文学の世界を自在に行き来し, 次世代に多大な影響を与えたクリエイター。久世光彦の業績をご紹介する初の企画展である。手書き原稿といった貴重な資料の展示から,映像作品の上映,トーク,コンサートなどの関連イベントまで多角的な内容で開催された。

2009年09月19日 ~ 2009年11月29日


ビートたけし×所ジョージ 全日本選抜国際EXHIBITION

池袋パルコの開店40周年を記念した大型企画。ビートたけし編集長,所ジョージ剛編集長によるフィクションスクープマガジン「FAMOSO」(発行:ネコ・パブリッシング)をベースにした展覧会。この「FAMOSO」もまだ2号しか発売されていないが“創刊40周年”ということになっている。

2009年11月07日 ~ 2009年11月23日


観音温泉 銀座の湯

伊豆は奥下田の旅館,観音温泉による仰天企画。地下鉄銀座駅のコンコースに足湯が出現した。銀座駅75年の歴史で初めてとなる試みは2日間だけのイベントだったが,2,000人が体験。仕事で疲れた足を,本物の温泉水を使った足湯で癒した。

2009年11月25日 ~ 2009年11月26日


オレンジリボン・キャンペーン

命に関わる重大な案件も多数報告されている児童虐待。虐待の発生予防、早期発見、早期対応のためには周囲のサポートが欠かせない。そのためにはまず児童虐待の問題が存在することを知ってもらうことが大切だ。そこでスタートしたのがオレンジ色のシンボルマークとした「オレンジリボン・キャンペーン」。11月は「児童虐待防止月間」ということもあり、集中的に広報活動が行われた。このキャンペーンのねらいや広報活動についてレポートする。

2009年11月01日 ~ 2009年11月30日


NZ ジャイアント・ラグビーボール パビリオン

東京タワーの真下に、全長25mもある巨大なラグビーボールが出現した。ラグビーの国、ニュージーランドの政府観光局が主催した「NZジャイアント・ラグビーボールパビリオン」。約1週間にわたって、このラグビーボールの中で映像やパフォーマンスを通じてニュージーランドの魅力をアピールしようというものだ。2011年にラグビーW杯開催を控えたニュージーランドの観光客誘致のためのイベントをレポートする。

2009年10月29日 ~ 2009年11月03日


マイケル・ジャクソン遺品展 MJ46 JAPANTOUR

2009年7月13日のロンドンにおけるコンサートを目前にした6月25日、奇しくも急死したマイケル・ジャクソン(以下MJ)。世界中が悲しみに包まれ、その瞬間、あまりのアクセスの多さに関連ウェブサイトが相次いでダウンしたという。キングオブポップの異名をほしいままにし、数々のヒット曲をとばし、氏のプロモーションフィルムは、ショートムービーと呼ばれるほど完成度が高かった。その世界的アーティスト、MJが生前から企画していたという展覧会が11月9日から12日に六本木ヒルズの多目的スペース「umu(ウム)」で開催。残念ながら遺品展となってしまったが、MJへの思いが集積されたこの「MJ46JAPAN TOUR」には6時間以上も黙々と列に並んで待っているファンの姿も多々見られた。主催者サイドも開場時間を早めたり、閉場時間を延長したりと、ファンの思いに応え、わずか4日間で、関係者を含め、入場者数約11,800人というこれまでに無いスケールの数字をたたきだした。

2009年11月09日 ~ 2009年11月12日


スポーツ博覧会・東京2009

ふれあいと感動ゾーン」「スポーツとエンターテインメントゾーン」「スポーツと健康ゾーン」「スポーツレクリエーションゾーン」の4つのエリアを用意。弓道,テニス,ウォーキング,ニュースポーツといった幅広い種目を,経験盟富なインストラクターの指導のもとに体験できるイベント

2009年10月12日


ジャパン・アニメコラボ・マーケット2009

2009年7月から9月まで「二次利用・商品化」企画を公募し,権利者許諾のもとサンプル品を作成。審査を通ったものを中心に,企画展示などを含め,幅広く二次利用商品を展示。そのほかシンポジウムや,パブリックデーにはステージにてラジオの公開録音なども行なわれた。

2009年10月15日 ~ 2009年10月18日


藝大アーツ イン 東京丸の内2009

社会における芸術の浸透を目指す東京欝術大学と,文化・芸術を街づくりに生かす三菱地所とのコラボーレーションイベント。マルキューブ・回廊・丸ビルホールという誰でも立ち寄れるフリースペースで,学生主体の音楽イベントと立体芸術の展示を行なう。

2009年10月25日 ~ 2009年10月31日


空気の港

年間6,500万人の利用客が行き来する羽田空港と東京大学「デジタルパブリックアートを創出する技術」プロジェクトによる産学連携のプロジェクト。「デジタルパブリックアート」というのは,造形的な美しさや空間と自然との調和,場所性に配慮した空間演出。さらに映像や音声を効果的に用いた動的なコミュニケーション,インタラクティブ性,リアルタイム性など,双方の視点に立った新しいアートのジャンル。東京大学の技術研究者とアーテイストが互いにアイディアと技術を駆値し, 空港という広大なパブリックスペースで作品を展示する画期的な試みとなっている。

2009年10月09日 ~ 2009年11月03日


東京大茶会2009

東京ならではの芸術文化の創造・発信と, 芸術文化を通じた子供たちの育成を目的とした東京文化発信プロジェクトの一環として開催されたイベント。昨年の第1回開催が好評を博したことで,今年は前回の開催場所である浜離宮恩賜庭園(10月17日(士)・18日(日)開催)に加え, 江戸東京たてもの固でも開催。4日間の総参加者数は18,400入。

2009年10月10日 ~ 2009年10月11日


BO-SAI 2009 in 豊洲

Part 1, Part 2と2回会期を設け,数々の防災体験プログラムで構成されたイベントを実施。Part1では,防災訓練,防災知識を蓄えるゲームなどを実施。Part2ではショッピングセンターの中庭にて,ユニークな防災シェルターの数々を参加者とともに作り, 展示するプログラムなどが実施しされた。

2009年08月29日 ~ 2009年10月04日


IGO FESTIVAL 2009

20代-30代の若者への囲碁普及を目的に活動しているボランティア団体「IGO AMIGO」が企画,運営する囲碁イベント。定期開催されるワークショップの集大成として,年に1回開催され今年で3回目を迎える。

2009年10月12日


「第7回Webクリエーション・アウォード」贈賞者発表

社団法人日本アドバタイザースー協会Web広告研究会( 所在地: 東京都中央区銀座, 代表幹事: 渡辺春樹) による「第7回Webクリ工ーション・アウォード」贈賞式が去る9月29日, 東京・明治記念館にて開催された。「Web人大賞」以下各賞が発表され, 第7回「Web人大賞」 にはサントリーホールデイングスの石原洋子氏と小林恵氏が選ばれた。

2009年09月29日 ~ 2009年10月05日


親鸞聖人750回大遠忌 お待ち受け東京法要

2年後に行なわれる親鷺聖人の750回忌を前lこ,東京・築地本願寺にて「お待ち受け東京法要」が行なわれた。僧侶の説法,仏教についてのトークショーなどが実施されたなか,大きな注目を集めたのが本堂でのコンサー卜。特に2日目の小林幸子さんは,紅白歌合戦で着た衣装をそのまま持ち込んでの大掛かりなステージを展開した。常識をくつがえし,大きなインパクトを残したイベントの模様を紹介する。

2009年10月02日 ~ 2009年10月04日








 < 1 2 3 ...32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 >