HOME > イベントレポート > イベントレポート検索

イベントレポート


検索結果

京急電鉄の列車が『ワンピース』の特別ラッピングで運。京急ブルースカイトレインはテレビアニメONE PIECE 20th TRAINに

人気アニメと私鉄のコラボキャンペーン ONE PIECE20th×KEIKYU120th 「真夏の京急宴線ONE PIECE列車」

フジテレビの人気アニメ『ONE PIECE(以下、ワンピース)』20周年×京急120周年を記念したキャンペーン「京急宴線 真夏のONE PIECE列車」が7月8日(月)から9月16日(月・祝)まで開催されている。「音楽・スポーツ・エンターテイメント都市」を目指す横須賀市が、横須賀・三浦半島を盛り上げるべく実現した企画の一つで、横須賀市および京急沿線を『ワンピース』にちなんで〝宴〟の舞台として実施するものだ。

メインイベントは、京急“宴”線を巡る『ワンピース』の謎解きミッションラリー「半島ミ・ウーラの冒険」(発売金額3,500円)。京急線1日全線フリー乗車券(品川駅~泉岳寺駅間除く)を使用して、ゲームブックに書かれている指定された駅に向かい、対象のキャラクターから得られる情報を基に駅周辺で謎を解くゲームだ。参加特典として、オリジナルクリアファイルのほか、ゲームクリアの有無に関わらず『ワンピース』キャラクターのオリジナルアクリルスタンド(非売品)をプレゼント。ゲームをクリアすると、『ワンピース』×京急“宴”線オリジナルグッズ(非売品)が抽選で当たる応募ハガキをもらえる。期間中は、品川駅と羽田空港国際線ターミナル駅に、『ワンピース』キャラクターの装飾やフォトスポットが登場。京急沿線の駅名看板が京急“宴”線仕様のオリジナル駅名看板となり、京急電鉄の3色の電車が『ワンピース』デザインの特別ラッピングで運行する。

また、京急油壷マリンパークでは、『ワンピース』に登場するさまざまな魚人・人魚のモデルとなった生物を展示する、水族館ならではのコラボ展を開催。京急百貨店には、【出張店 ONE PIECE麦わらストア横浜・上大岡店】が期間限定オープンする。
三浦半島を満喫できる京急沿線のおトクなきっぷ3種(よこすか満喫きっぷ・葉山女子旅きっぷ・みさきまぐろきっぷ)のお土産には、このキャンペーンでしか手に入らない「オリジナル指人形」を期間限定・数量限定で追加。7月9日(火)からは、劇場版最新作「劇場版 ONE PIECE STAMPEDE(スタンピード)」も公開されるこの夏、京急沿線では、京急に乗って『ワンピース』の世界へ旅立つ、沿線を“宴”線に変えるほどの熱い宴の数々が繰り広げられている。

(続きを読む…)

2019年07月08日 ~ 2019年09月16日
京急沿線


幻想的なオーロラびゅ~① 音楽とともにスタート!

開国の地・横須賀にオーロラが出現!? 『オーロラびゅ~ナイト2015夏』

真夏の夜空を彩る光のアーティスト(オーロラ)イベントを長井海の手公園・ソレイユの丘にて実施。北欧の国で、なおかつ冬しか見られないオーロラを、日本でも気軽に鑑賞することができる。プロジェクションマッピングや単にスクリーンに映すものとは違い、自然の情景と煙をスクリーンにするという画期的な方法によりリアルなオーロラが出現。気候条件により映し出されるオーロラは二度と同じものは見ることができない。すでに北海道でも実施されているが、関東エリアでは初めての試みであり、地域活性の推進を図る。当イベントの成功により定例化も念頭に冬期の実施も決定した。 (続きを読む…)

2015年08月01日 ~ 2015年08月23日


三笠公園では、青空のもと働く車が大集合。子どもたちの好奇心をかきたてた

よこすかYYのりものフェスタ2014

鉄道や自動車、海上自衛隊の艦船など、さまざまな分野の「のりもの」をテーマにしたイベント。JR東日本の旧形客車や伊豆急行の黒船電車、パトカーに救急車、さらには工事用車両、海上自衛隊の艦艇など、見て、乗って、貴重な体験ができる。他に、飲食・物販ブースも多数出店し、乗り物ファンはもちろん、ファミリーやカップルなども幅広く楽しめる内容になっている。会場は多岐にわたり、コンテンツが多いイベントなので、丸1日横須賀の街で過ごすことができ、街のにぎわいづくりに一役買うイベントとなっている。 (続きを読む…)

2014年06月14日 ~ 2014年06月15日
JR横須賀駅、ヴェルニー公園、三笠公園、海上自衛隊横須賀地方総監部 他


1階エントランスから見たギャラリーの様子

及川正通イラストレーションの世界

雑誌『ぴあ』の表紙を長年担当してきたことで知られるアーティスト、及川正通氏を紹介する特別展示。時代の顔を独自の視点で切り取った人物イラストは、2011年の休刊まで続き、その数は1,300点以上にのぼる。本展では、なつかしの映画キャラクターや話題となった芸能人など、それぞれの時代の世相や流行を反映した約200点を厳選。また、そのキャリアの集大成として、現在取り組んでいる「街」をテーマにした新作、『ヨコスカ』を初公開。及川氏の60年近くに及ぶ歩みに光を当てるとともに、開館5周年を迎える横須賀美術館の、本展開催に至った経緯などもレポートする。 (続きを読む…)

2012年09月29日 ~ 2012年12月16日